ナイガイ- The NAIGAI Corporation|手袋OEM/ODMメーカー

Interview

若手インタビュー:日本のものづくりを世界へ伝える最前線

鉄本 凌雅
Ryoga Tetsumoto
営業部
(平成30年4月入社)

現在の仕事内容を教えてください。

営業部に所属し、国内・海外のスポーツ及びゴルフ用品メーカーの担当営業を行っています。
具体的には、お客様のニーズに沿った手袋を提案して開発サンプルを作成します。
開発サンプルの改良重ねて、海外工場で量産できる体制に持っていき、海外工場で生産した手袋を最終にお客様へお届けするまでが主な仕事です。

ナイガイに入社した経緯を教えてください。

大学在学中にオーストラリアに1年留学した経験があり、そこで英語で話す楽しさを知りました。 
就職活動時に英語を生かした仕事ができる企業を探していましたが、そんな時にホームページでナイガイの存在を知りました。ナイガイでは、世界中の有名なスポーツブランドと取引をしていること、スリランカやインドネシア、ミャンマーといった海外に生産拠点があることを知り、私が希望していた英語を生かした仕事ができるのはないかと思いました。

ナイガイで働く魅力は何でしょうか?

一言でいえばグローバルな仕事ができることだと思います。世界の人々を巻き込んでひとつの目標に向かって仕事する、世界を相手に仕事をすることに責任とやりがいを感じます。
正直仕事が大変なときもありますが、ナイガイでは他のスタッフと協力できる体制も整っていますので助かっています。

鉄本さんはナイガイの社員寮に入寮されていますが、社員寮の生活について教えてください。

非常に快適ですね。光熱費・水道代・インターネットの使用料も含まれた格安の賃料で住んでいます。私は高知県出身ですが、香川県外から来ているものにとって、ありがたい環境です。
社員寮のなかには個人の部屋がありますのでプライバシーも保たれますし、共有スペースもあるので、他の社員や本社を訪問中の海外スタッフとも交流を深めることもできます。

今後のキャリアアップについてはどのように考えていますか?

今は先輩方の協力を仰ぎながら仕事をしているので、開発から量産までの一連のプロセスをある程度1人でできるようになりたいです。そのためには英語のスキルをさらに磨くことも必要ですし、手袋の技術的な知識も勉強していきたいです。